ブログ

時々「自分らしくないこと」をしてみよう。

先日、初めて、自分のためにセミナーに参加した方が来られました。
セミナーを受けながら、自分を客観視してこなかったことを強く感じられたようです。

 

セミナー中、自分を見つめるワークをしたときに、目から熱いものが溢れ出て来る
場面がありました。感情が解き放たれたのですね。

 

 

 

普段は、そんな姿を人前で出すのは考えられないと思っている方でしたので、本当に
そんなことになる自分自身に驚いてしまったようです。

その後は、落ち着かれて

 

「良い機会と思って、これからじっくり学んでいきたいと思います。」

 

とコメントして頂きました。

社会の中で楽しく生きていくために、家族や周りの人達とあったかい人間関係を築く
ことは最も大切なことの一つです。

 

葉のしずく

 

そのために一番最初にすることが「自分にOKを出すこと」です。
このままの自分で良いと、自分で自分に許可を出すということですね。

 

 

 

バカボンのパパの名言

 

『これでいいのだ~』

 

と自分に言うということです。でも、意外にいえないものです。
これを言えているバカボンのパパは、やはり天才なのでしょう。(笑)

 

ただ、気を付けてほしいのは、「現状維持」ではないということです。
人は常に変化していくもの、価値を生み出していくものだと考えて欲しいのです。
なので、前向きに変化していく自分に

 

「これでいいのだ~」

と言ってほしいのです。

 

なので、、

 

「時々、自分らしくないことをやってみる」

 

ことは、とても大事なことだと思います。
自分の思っている「自分らしさ」が、凝り固まった固定概念かもしれませんから。

この受講生の方は、文字通り、「自分らしくないこと」をしてみたということですね。
そして、新しい自分を発見できる糸口を、肌感覚でつかんだのだと思います。

 

「これから学んでいきます。」

 

と言われたときの、瞳の輝きの強い笑顔が印象に残っています。
これからが楽しです♪

 

 

今までの自分を超えるために

 

時々自分らしくないことをしてみる。

 

すると、新しい自分らしさに気づくことがある
そんな気がします。
ぜひ、ときどき「自分らしくないこと」をしてみて下さい!
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Beingセミナー日程

12月 2017
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部へ戻る