ブログ

良かれと思ってやっているのに、伝わらない。。のはなぜ??

自分は一生懸命、その人のためにしているのに
想いが通じないと感じることはありませんか?

 

良かれと思ってやったことが、通じなかったり、
かえっていやがられたり。。

 

こんなことが続くと、接し方に迷うものです。
ある受講生さんが、セミナーの中で

 

「人のためにと思ってやったことが、
かえって煙たがられることがあるのです。」

 

と心境をお話して下さいました。

 

せっかくの想いが通じない場面が続くと、だんだん
モチベーションが下がってくるものです。
こんなことが積み重なると、なんとなくすっきりしない
状態に陥ってしまうのは、日常生活でよくあることかも
知れません。

 

だって、

 

「自分がしてほしいことを、他者にもしなさい。」と習ったし。。

 

という方もいると思います。このことは、「真理」です。

 

しかし、、

 

知っていてほしい事実があります。それは、人によって
「愛情を感じる行為」違うということです。
私たちは、自分の思考でしか思考する事が出来ないので、
自分がされて嬉しいことは、人がされても嬉しいはずだと
考えます。

じつは、ここに落とし穴があります。
思考によって、こんな違いがあります。

 

「話を聴いてもらうこと」で愛情を感じるタイプ。

「何かをしてもらうこと」で愛情を感じるタイプ。

「肯定的な言葉」をかけてもらうことで愛情を感じるタイプ。

「そばにいたり、スキンシップをすること」で愛情を感じるタイプ。

 

もし、思考のタイプによる違いを知ったうえで、
人のために行動出来たらどうでしょうか。
相手にも喜んでもらえますし、何より自分自身が嬉しくなるものです。

 

違いを整理して、相手に合わせて使い分けることができれば
良かれと思ってやっているのに想いが通じない。。
ということが減ってくると思います。

このこと学んでいただいた、先に登場した受講生の方は、
学びを実践され、違いを知って行動されています。
そして、

 

「毎日をとても穏やかに過ごすことが出来るようになった。」

 

と言っていただいております。

私たちは、「人を喜ばせたい」、「人のために役に立ちたい」
と思って生きているはずです。

そのための方法を知ることはとても大切なことだと思います。

女性リーダー
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Beingセミナー日程

12月 2017
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部へ戻る