ブログ

これからの時代に必要なリーダー像とは?

こんいちは、すーさんです。

 

岐阜県養老町にある船戸クリニックで、本道佳子さんの
ドラゴンランチを食べてきました。

 

本道さんのお料理はいつも、優しく野菜だけで、本当に
満たされます。体がドンドン温かくなり、一緒に食事を
したメンバーと喜びを分かち合うことが出来ます。

 

今日は、フナクリ食堂の開店前から中に入っていた時に、
キッチンにいる本道さんから面白いお話が飛び出しました。

 

それは、

 

「リーダーは、メンバーの胃袋をつかめ!」

 

というメッセージにに想いが込められた、
『本道佳子のリーダーシップ論』

でした。

 

「これからのリーダーは、メンバーの食事に気を配る必要がある。
食べるものが人を作るのだから、何を食べるかまでをリーダーが
考えることが出来れば、メンバーも良くなり、成果が上がる」

 

とのこと。

 

これは、真理ですよね。

 

こんな想いを持ちながら、愛情を込めてお料理を作っている
本道さんは、本当に愛をもった素晴らしいリーダーだなと
改めて感じました。

 

 

そんなリーダーとしてのあり方も、思考によって
違うと思います。

 

4つの思考での違いを考察してみました。

 

①誠タイプ(青さん)

自分の事ではなく、周りの人達の価値を上げていくことに
よろこびを感じるはずです。

逆に自分の事を考えてしまうと悩んでしまうこともあるかも
しれません。

どうやったらメンバーの価値が上がるかを考えていく
リーダー像がよいのでは。

 

 

②礼タイプ(黄色さん)

自分の好きな事をして、その成果で人が笑顔になる事に
よろこんび感じるはずです。

ついつい、人のために動きすぎる傾向があり、埋没して
しまうことがあるかもしれません。

自分の才能を思う存分発揮し、さらに、メンバーの才能も
発掘して輝かせていくリーダー像がよいのでは。

 

 

③義タイプ(緑さん)

メンバーそれぞれが、自分のオリジナリティを自由に
出している事によろこびを感じるはずです。

全体のエネルギーがスムース上がっていかないと、
イライラしてしまうことがあるかもしれません。

枠にはまって閉まっているメンバーを解放できる
リーダー像がよいのでは。

 

 

④勇タイプ(赤さん)

情熱を共に持つメンバーと、同じ方向に進んでいることに
よろこびを感じるはずです。

社会全体に向けて仕事をしていこうとすると、何をしたら良いか
分からなくなることがあるかもしれません。

メンバー一人一人に、丁寧に尽くしながら、共に挑戦し、
共に成長していくリーダー像がよいのでは。

 

 

思考の強み合った、リーダーシップが発揮できると
自他ともに幸せな状態を作ることが出来ると思います。

 

素晴らしい仲間達に囲まれて、楽しく成果を
出していけるとよいですよね。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

 

 

——————————————————————

それから、それから!!!LINE@で、

Being Design@公式オンラインサロンも開設いたしました!

そして、とってもお得な特典もついています♪

こちらからご参加ください!

↓↓↓

Being Design @ 公式サロン

 

☆         ☆  ☆  セミナー開催情報  ☆  ☆  ☆

 

〇8月7日(日)、Beingセミナー入門講座 開催予定 (定員限定6名)

時間:10時~12時
参加費:3000円

詳しくは、こちらです♪

 

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Beingセミナー日程

12月 2017
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部へ戻る