ブログ

夏休みの宿題のやり方も違いがありますね♪

夏の車山の雲

こんにちは、すーさんです。

 

夏を謳歌している娘たちの姿をみて、
学生時代の夏休みを思い出していました。

 

40日の夏休みって長かったんだな~♪
と大人になって感じます。
とにかく、近所の山と川で遊んでいた
思い出しかないな。。

 

娘たちは、夏休みの初日に、『夏のしおり』は
さっさと終わらせて、ポスターや他の課題に
取り組んでいます。

 

ちゃんとやってるな、、
パパは信じられない。。。(笑)

 

自分は、夏休みの宿題と言えば、8月30日、31日の
恒例行事となっていたような気がします。
出校日までにやる宿題は、その前日。。

 

 

まさに、「ギリギリ星人」。。(笑)

 

 

不思議と、なんとかなると思っていたフシがあります。。
この感覚、今でも変わってないかもしれない。。

 

もしかして成長していないかも。。(汗)

 

かたや、自分の好きな工作の提出物は、
徹底的にこだわって作り込んでいたな。。

 

夏休みの宿題のやり方にも、思考によって違いが出ますね。
考察してみました。

 

 

①誠タイプ(青さん)

 

夏休みのいつまで何をやるかを分析して、自分なりの
計画を立てる。

その中には、宿題はもちろん、遊びも入っています。

とにかく40日間をどう有効に活用するかを考えるのでは?

 

 

 

②礼タイプ(黄色さん)

 

家族のみんなで食事をするダイニングテーブルに、
自分の宿題を広げて手伝ってもらいながらも、
コツコツとこなしていく。

夏休みは、家族と過ごす時間が長いので、
シアワセな時間だったのでは?

 

 

 

③義タイプ(緑さん)

 

夏休みを謳歌し、真っ黒に日焼けをしながら
徹底的に遊びつくす。

はっと気づくと、もう終わりが近づき、あわてて
宿題に取り掛かる。。

でも、自分の好きなことができる自由研究や
工作などは徹底的に凝ってやるのでは?

 

 

④勇タイプ(赤さん)

 

夏休みにやりたいことや課題を決めてリストにして、
自分のやりたい順番でとりかかる。。
興味が移るので、バラバラしますが最終的には
まとめてくる。。

スポーツなどに挑戦すると、夏休み中毎日練習して
2学期に別人のように成長しているのでは?

 

 

 

セミの声を聞きながら過ごした夏休みは、
今となってはとても良い思い出です。

 

夏の夕暮れになると、なぜか、
井上陽水さんの『少年時代』
頭の中に聞こえてきます。

 

 

『~夏祭り 宵かがり

胸の高鳴りに合わせて

八月は 夢花火

私の心は夏もよう♪~』

 

 

この曲の懐かしくて切ない
歌詞とメロディーが大好きです♪

 

 

夏休みが終わるころ、娘たちも一回り
大きく成長しているんだろうな。。

 

 

 

時代の転換点の、この夏。

今しかない時を大切に、

一日一日を過ごていきたいです。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

——————————————————————

それから、それから!!!LINE@で、

Being Design@公式オンラインサロンも開設いたしました!

そして、とってもお得な特典もついています♪

こちらからご参加ください!

↓↓↓

Being Design @ 公式サロン

 

 

☆         ☆  ☆  セミナー開催情報  ☆  ☆  ☆

 

〇8月7日(日)、Beingセミナー入門講座 開催予定 (定員限定6名)

時間:10時~12時
参加費:3000円

詳しくは、こちらです♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Beingセミナー日程

9月 2017
« 8月   10月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ページ上部へ戻る