ブログ

上手にほめること、できますか?

笑顔のカップル

こんにちは、すーさんです。

 

日常生活の中で、家族を上手に「ほめる」ことができていますか?
意外と難しいと感じているのではないでしょうか。
人は、ほめられると嬉しいものです。
モチベーションが上がり、やる気がでてきますよね。

ですが、家族間は、距離が近い存在だけに、
ちゃんと伝えないと逆効果になる場合もあるかもしれません。

 

先日、奥さんが仕事でとても成果を出したことがあったので

 

「価値が認めてもらえたんだね!」
と伝えました。純粋にすごいと思いほめたたつもりでしたが、、

 

「なんかその言い方、いや。」

 

という反応。。

こちらは、えっ!という感じです。 ほめているのに、逆効果!?

「せっかくほめたのに、何でそんな反応なんだよ!もー!!」

となってしまうことが、日常生活でも多いのではないでしょうか。

 

よろこんでもらおうとして言ったことが、伝わらないと
残念な気持ちになってしまいますよね。

 

いまは、思考の違いを勉強しているので、
こういうことが起こってしまう事を理解しています。

 

なのですかさず、なんでいやなの?と聞いてみます。

 

すると、

 

「なんかもともと価値がなかったみたいに感じる。」

 

とのこと。なるほど。。
さらに、どう言ったら嬉しいの??と聞くと、

 

「楽しさが伝わったんだね。」

 

と言ってほしかったようです。

 

さて、このやり取りから思考の違いをひも解いていきます。

 

これは褒められるときのポイントに違いがあるからなのです。

 

①「すばらしいね!」と何度も言われてやっと受け取れるタイプ。

②どんな言葉でも単純に嬉しく、ほめられると伸びるタイプ。

③ほめられることよりも、価値ありと思ったものが伝わる事がうれしいタイプ。

④「すごいね!、さすがだね!」とリズムよくいわれて受け取るタイプ。

 

自分は、②なので、どこまでもほめて欲しいので、良かれと思っていっているのに
③の奥さんは、「相手に良さが伝わったこと」の方が大切だと思っているということ。

 

ちなみに、娘が①のタイプなので、褒める時は、くどいくらいに何度も言います。
その時はじーっと聞いていますが、その後よろこんで機嫌よくしています。
ほめることで、その人の内側にある隠れた宝石を引き出すことが出来るはずです。
それは、家族にとっても宝石になりますよね。

 

大切なことは、タイプに分けることは目的ではなく、違いを尊重することです。

 

その上で、ポイントを押さえてコミュニケーションを取れるようになることは
あったかい人間関係を築く上でとても大切だと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

〇この思考の違いをお伝えいしているすーさんの本講座である

「Beingセミナー」の入門講座を開催します。
ご興味のある方は、ぜひいらしてください。
詳しくはこちらをご確認ください。 Beingセミナー 入門講座

 

〇思考の違いをチーム作りに役立てるための女性リーダーのための講座も開催します。
自分らしく成果を上げていきたい方は、ぜひいらしてください。

詳しくはこちらをご確認下さい。 キラキラ輝く自然体の 女性リーダー講座

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Beingセミナー日程

10月 2017
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
ページ上部へ戻る